千葉空き家相談センター

千葉にある空き家の問題へ対策をしっかりアドバイス

実家を相続したけれど賃貸に住んでいるのでそのまま放置されている方はいないでしょうか。空き家はさまざまな理由によって発生しています。そのまま放置していると税金やメンテナンスの負担がどんどん大きくなる一方ですので、空き家を活用してみてはいかがでしょうか。千葉で活用する方法は売却したり賃貸したりするなど様々なケースがあります。お客様が千葉でお持ちの家の状態を確認しながら総合的に考えて判断していただくことが必要です。売却や処分を考えている方はぜひ千葉空き家相談センターにご相談ください。

千葉空き家相談センターの特徴

千葉空き家相談センターで使わなくなった大切な家を有効活用

近年全国的に空き家が増えて社会問題になっていることをご存じでしょうか。千葉でも使われずにそのままにされた家は増加傾向にあり、地域の生活環境に与える影響や犯罪のリスクが懸念されております。また、時間が経つほど建物が傷み価値が下がったり賠償リスクが高まったりするため、お客様にとって得なことはありません。売却や処分をご検討されている方は専門家にご相談されてはいかがでしょうか。ただ、お客様にとって思い入れや愛着のある大切な家を手放すことに抵抗を感じる方も少なくありません。

しかし、今までのお客様からは「家を使って地域の役に立たせる方法を見つけて納得がいく解決策を導くことができた」という声をお聞きしてまいりました。例えば、リフォームして付加価値をつけることで借家として貸し出して、思い出の詰まった家を壊さずに定期収入を得られている方もいらっしゃいます。まずはお客様のご要望や思いをお聞かせください。

不動産の相続や家族信託に関してもサポートいたします

親が高齢になってくると空き家問題が頭をよぎる方も多いのではないでしょうか。老化や認知症などによってマンションに引っ越したり高齢者施設に移ったりする方は多く、人が住まなくなった実家の管理に頭を悩ませることになります。そこで、問題を解決する手段の一つとして家族信託をご検討されてはいかがでしょうか。不動産などの財産を信頼できる家族に託すことで、親の財産を家族のために有意義に利用していただけるようになります。実際に利用された方は「相続対策として効果的な制度である」と実感されているようです。

親から譲り受けた大切な家を無駄にしないためにも事前の準備や対策をしておきましょう。また、せっかく譲り受けた財産でも対策をせずに放置してしまうとその価値を十分に活かすことができません。有効活用の方法については千葉を拠点にプロの視点でアドバイスをしてまいりますのでぜひご相談ください。