空き家の害獣による被害と対策について

query_builder 2023/03/15
コラム
36

「空き家に害獣が棲みついていないか」と心配していませんか。
近年、害獣が棲みついた空き家のさまざまな被害が報告されています。
そこでこの記事では、空き家の害獣による被害と対策についてご紹介していきます。

▼空き家の害獣による被害と対策
■害獣による被害
害獣が空き家に棲みつくと、建物を傷めます。
例えばハクビシンが天井裏に棲みつくと、糞尿などによって天井が腐ってしまいます。

配線などをかじっていれば、電気がショートして火事になる可能性もあるでしょう。
また餌場を求めて、近隣住宅に侵入するケースもあります。
害獣が空き家に棲みつくと近隣住民の安全を脅かすことはもちろん、苦情に繋がると言えるでしょう。

■害獣対策
害獣を棲みつかせないためには、普段から清掃や点検をすることが欠かせません。
人の気配があれば、害獣が近づくリスクを最小限にできます。

また侵入経路になりそうな隙間があれば、しっかりと塞いでおくと良いでしょう。
たとえ害獣であったとしても、ハクビシンは害獣保護法によって勝手に捕まえることはできません。
もし害獣が棲みついているのを見つけた時は、害獣駆除業者に相談するようにしてください。

▼まとめ
空き家に棲みついた害獣は、建物や近隣住民に想像以上の被害を及ぼします。
そのため、普段から清掃や点検をして棲みつかないような対策が必要です。

それでも害獣が棲みついてしまった時は、害獣駆除業者に相談してください。
弊社は、空き家の管理・メンテナンス・利用方法などを提案させていただきます。
空き家を放置してしまっているという方は、一度弊社にご相談ください。

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 不動産の親族間売買で注意すべきこととは?

    query_builder 2024/05/03
  • 所有者移転登記を行う時の費用とは?

    query_builder 2024/04/05
  • 所有者移転登記で必要な書類とは?

    query_builder 2024/03/03
  • 重要事項説明書のチェックポイントはどこ?

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE