Blog

空き家活用の事例や手順などをご紹介いたします

千葉で増加している空き家の活用方法をアドバイスいたします

相続した不動産を空き家として放置されている方が千葉の地域でも増えているようです。空き家をそのままにしておくと損になることがたくさんあります。しかし、どのように対策すれば良いか迷っている方は多いのではないでしょうか。そこで、具体的にどのような活用方法があるかや活用のメリットなどを丁寧に解説しております。売却したりリフォームして貸し出したり様々な方法の中からお客様のご希望に沿った最適なプランをご提示いたしますので、千葉でより詳しい情報を知りたい方はぜひご相談ください。

    NEW

    • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

      query_builder 2022/08/08
    • 家を売るタイミングを見極めるポイントとは

      query_builder 2022/09/25
    • 田舎の家を相続する際の問題点とは

      query_builder 2022/09/21
    • 家を相続したくないときの対処法

      query_builder 2022/09/17
    • 遺品整理の費用を左右する要素とは

      query_builder 2022/09/13

    CATEGORY

    ARCHIVE

    木造戸建て住宅の寿命は30年前後というのが一般的です。築20〜30年以上の住宅をそのまま売却しても思い通りの価格にならないこともあります。一方で、手入れの行き届いている戸建て住宅なら築年数が経っていても希望額で売却できるケースも少なくありません。そこで、建物の築年数だけで判断する一般的な査定ではなく、建物の状態をしっかり検査してお客様に納得していただける価値を決定しております。また、過去には保険による保証や少しの修繕やリフォームを実施することで好条件での売却にも繋げてまいりました。

    空き家をどの方法で活用することが有効かは立地や建物状況をしっかり調査した上で決定することが大切です。千葉で将来空き家になる予定がある家をお持ちの方はお気軽にご相談ください。スムーズな対応で千葉にお住いの多くのお客様に安心してご利用いただいております。