重要事項説明書のチェックポイントはどこ?

query_builder 2024/02/01
コラム
51

不動産の取引を行う上で欠かせない書類に、重要事項説明書が挙げられます。
重要事項説明書を取り扱う際は、何に注意すればよいのでしょうか。
今回は、重要事項説明書のチェックポイントについてまとめました。

▼重要事項説明書のチェックポイント
不動産の取引で大切な役割を果たす重要事項説明書には、いくつかの知っておくべきポイントがあります。

▼重要事項説明書とは?
不動産取引において、契約するかどうかを決める重要な要素が記された書面のことを「重要事項説明書」と言います。
記載内容は主に2つで、物件に関するものと取引の条件です。

▼重要事項説明書でチェックすべきところは?
先に述べたように、重要事項説明書には不動産の契約を取り交わすかどうかを判断する材料が記されています。
そのため、以下の点に注意しましょう。

・早めに重要事項説明書をもらっておく
・内容に関する詳しい説明を受ける
・説明者が宅地建物取引主任者の資格を持っている
・法令上の制限はあるか
・敷地や建物の状態はどうか

重要事項説明書の受け取りにあたっては、宅地建物取引主任者の有資格者から受け取り、詳しい説明を受けることがポイントです。
書面にはさまざまな要素が記されていますが、その中でも重視したいのが法令上の制限です。
法令上の制限があると、思い通りに建物が建てられない場合があります。
さらに、敷地や建物の状態に関する記載と実際の状況が一致しているかどうかを確認することも重要です。

▼まとめ
不動産の契約の際に重要な役割を果たす重要事項説明書は、受け渡しと内容の両方にチェックポイントがあります。
どこをチェックすべきかを頭に入れておき、契約に臨むことが大切ですね。
千葉を拠点とする弊社では、空き家の売買をはじめ空き家の活用方法のご相談を承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 不動産の親族間売買で注意すべきこととは?

    query_builder 2024/05/03
  • 所有者移転登記を行う時の費用とは?

    query_builder 2024/04/05
  • 所有者移転登記で必要な書類とは?

    query_builder 2024/03/03
  • 重要事項説明書のチェックポイントはどこ?

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE