空き家を放置すると起こるトラブルとは

query_builder 2022/12/15
コラム
27

相続などで空き家を所有しても「管理ができない…」と悩む方もいるでしょう。
空き家を放置すると思わぬトラブルが起こる可能性もあるため、きちんとリスクを把握することが大切です。
そこで今回は、空き家によるトラブルについてご紹介いたします。

▼空き家によるトラブル
■家の倒壊・火災
家は人が住まない状態が続くと、みるみる老朽化が進みます。
そのため地震や台風などの災害の影響をに受けやすく、倒壊してしまう可能性もあるんです。
また犯罪のターゲットになる場合もありますので、放火など火災のリスクもあります。

■屋根材などの飛散
台風などの災害時に、老朽化した屋根材や雨桶などが落下・飛散するリスクがあります。
そのため老朽化が進む空き家は、近隣の家々に非常な危険な建物になってしまうのです。

■害虫・雑草
空き家を放置すると雑草が生い茂り、隣の敷地に庭木や草が伸びて迷惑になってしまうことがあります。
また害虫の繁殖を促すような環境になってしまうと、近隣から苦情を受ける可能性もあるでしょう。

■ゴミの不法投棄
放置された空き家は、人の目が無いからとゴミの不法投棄場所になる可能性があります。
大量のゴミが捨てられてあると、処分に悩まされてしまうかもしれません。

■不動産価値に影響
空き家の放置は荒れた状態になってしまうため、景観を損ねてしまいます。
また空き家の不動産価値を下げるだけではなく、近隣の価値に影響を与えてしまう場合もあるんです。

■税金負担の急増
空き家を放置し続けて「特定空き家」として指定されると、収める税金負担が高くなります。
固定資産税の優遇が受けられなくなり、強制執行された解体費も負担しなければならないのです。

▼まとめ
空き家の放置は「家の倒壊・火災」「屋根材の飛散」「害虫・雑草」「ゴミの不法投棄」の原因になってしまいます。
さらに「不動産価値に影響」「税金負担の急増」など、金銭面でのトラブルの可能性もあるんです。
弊社では、空き家の管理・リフォーム・販売まで幅広く対応しております。
千葉で空き家のお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 粗大ゴミを処分する方法とは?

    query_builder 2024/06/01
  • 不動産の親族間売買で注意すべきこととは?

    query_builder 2024/05/03
  • 所有者移転登記を行う時の費用とは?

    query_builder 2024/04/05
  • 所有者移転登記で必要な書類とは?

    query_builder 2024/03/03

CATEGORY

ARCHIVE