空き家を相続したら何をする?

query_builder 2023/05/15
コラム
40

遺産相続とは、現金や預貯金などを引き継ぐことです。
相続財産のひとつには、空き家が挙げられます。
空き家を相続した際「まず最初に何をしたら良いか分からない」と感じていませんか。
そこで今回は、空き家を相続したら何をするのかについて解説いたします。

▼空き家を相続した際に必要なこと
もし空き家を相続したら、相続登記を行います。
相続登記で名義変更を済ませることで、売却などの手続きに進むことができます。
「手続きの方法が分からない」「難しい」と感じた場合は、司法書士に相談してみましょう。

▼空き家を放置しないことが需要
空き家を相続したら、そのまま放置するのは避けてください。
建物自体の劣化が進むと、メンテナンスの手間がかかるだけでなく、倒壊のトラブルが発生する可能性があるからです。
相続登記を済ませた後、管理はしっかりと行いましょう。

▼相続登記を済ませた後の選択肢
■住居としてそのまま使用する
空き家の名義変更が済めば、そのまま住居として使えます。
仕事などを理由に引っ越しを検討している方は、必要に応じてリフォームなどを検討しましょう。

■売却
空き家を売却すれば、収益が得られます。
どのくらいの金額になるかは、立地や家屋の状態により変わってきます。

▼まとめ
空き家を相続したら、すぐに相続登記を済ませましょう。
名義変更を行った後、住居として使う方もいれば売却して収益を得る方もいます。

トラブルを避けるためにも、相続登記を怠ったりそのまま放置しないことが重要です。
【有限会社ネクサス】では、相続した空き家に関する悩みを受け付けています。
相続登記などで分からないことがある方は、弊社まで一度ご相談ください。

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 所有者移転登記を行う時の費用とは?

    query_builder 2024/04/05
  • 所有者移転登記で必要な書類とは?

    query_builder 2024/03/03
  • 重要事項説明書のチェックポイントはどこ?

    query_builder 2024/02/01
  • 資産価値に悪影響を及ぼすポイント

    query_builder 2024/01/02

CATEGORY

ARCHIVE