所有者移転登記で必要な書類とは?

query_builder 2024/03/03
コラム
52

不動産の所有者が変わる時は、さまざまな手続きが必要です。
その一つに、所有者移転登記が挙げられます。
そこで今回は、所有者移転登記に必要な書類について見ていきましょう。

▼所有者移転登記に必要な書類
所有者移転登記の手続きにあたっては、必要な書類があります。

▼所有者移転登記の概要
所有者移転登記とは、土地や建物といった不動産の所有者が変わった際に、所有権が移転したことを明らかにする不動産登記です。
これによって、誰が登記上の所有者であるかがわかります。

▼所有者移転登記に必要な書類
所有者移転登記は売主と買主の双方が行うため、それぞれに必要な書類が異なります。
以下に、売主と買主で必要な書類をまとめました。

【売主の必要書類】
・登記識別情報または登記済証
・印鑑証明書(発行後3カ月以内)
・固定資産評価証明書
・委任状(自分で登記を行わない場合)
・身分証明書( 運転免許証などの顔写真が入ったもの)

【買主の必要書類】
・委任状(自分で登記を行わない場合)
・身分証明書( 運転免許証などの顔写真が入ったもの)

買主が2つの書類で手続きを終えられるのに対して、不動産の売主はより多くの書類をそろえなければなりません。
自分で手続きを行うことも可能ですが、不備があると何度もやり直すことになるため専門家に頼むのがおすすめです。
その際に必要な書類となるのが委任状ですが、依頼すればその他の書類についても相談に乗ってくれますよ。

▼まとめ
不動産の所有権が移る際は、所有者移転登記が必要です。
登記を行うにあたって売主と買主では必要な書類が違いますので、注意したいところですね。
千葉を拠点に空き家の売買を手掛ける弊社では、不動産の所有権に関するご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 不動産の親族間売買で注意すべきこととは?

    query_builder 2024/05/03
  • 所有者移転登記を行う時の費用とは?

    query_builder 2024/04/05
  • 所有者移転登記で必要な書類とは?

    query_builder 2024/03/03
  • 重要事項説明書のチェックポイントはどこ?

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE