遺品整理をするタイミング

query_builder 2022/08/28
コラム
8

親族が亡くなった後には、どこかのタイミングで生前その人が使っていた遺品を整理する必要があります。
遺品整理はどのタイミングで行うのが最適なのでしょうか。
今回は、遺品整理のタイミングについてお話します。

▼遺品整理のタイミング
■相続が発生するもの・法的な手続きが必要なものは早めに
遺品の中で相続が発生するものや法的な手続きが必要なものについては、早めに整理を行うことをおすすめします。
なかには手続き期限が定められているものもあるので、手続きについてはあらかじめ確認しておきましょう。

■物件を借りて住んでいた場合は早めに
亡くなった方が物件を借りて住んでいた場合は、物件の引き渡し時期や家賃が発生することも考慮して早めに行うのが良いでしょう。
引き渡し時期については、大家さんに相談しましょう。

■親族が集まる法要が終わった後
四十日や百日法要・一周忌などには、多くの親族が集まります。
遺品整理は一人で進めると後々トラブルになる可能性もあるので、親族が多く集まる時に話し合った上で行いましょう。

■気持ちが落ち着いてから
親族が亡くなった後、周りの方たちはとても深い悲しみに包まれます。
すぐに遺品整理を始めるのは、亡くなった方との思い出が蘇り心理的負担も大きいでしょう。
特に急ぐ必要がないものについては、気持ちが落ち着いたあと他の親族と一緒に行いましょう。

▼まとめ
遺品整理のタイミングに正解はありません。
手続きが必要なものや相続が発生するものについては早めに整理し、思い出の品などは気持ちが落ち着いてから、他の親族と一緒に整理しましょう。
また生前物件を借りて住んでいた場合は、大家さんと引き渡し時期について相談し、それに合わせて遺品整理を行いましょう。 

NEW

  • 千葉県の空き家の買取ならご連絡下さい!

    query_builder 2022/08/08
  • 家を売るタイミングを見極めるポイントとは

    query_builder 2022/09/25
  • 田舎の家を相続する際の問題点とは

    query_builder 2022/09/21
  • 家を相続したくないときの対処法

    query_builder 2022/09/17
  • 遺品整理の費用を左右する要素とは

    query_builder 2022/09/13

CATEGORY

ARCHIVE